院長紹介

院長  井上高志

 

ご挨拶

大学卒業後、国家資格を取得し、整骨院を開業。その後カイロプラクティック治療の素晴らしさを体験し、自らも塩川カイロプラクティックスクールでベーシックからアドバンスのテクニックを習得しました。その後も意欲的に学会や海外セミナーにも参加し、技術向上に励んでいます。

治療スタイルとしては、骨格矯正だけではなく、身体部位の筋肉や靭帯組織の変位にも注目し、真のトータルケアを患者様に提供すりことを信念としております。患者様は一人ひとり違った身体の悩みをお持ちだと思います。当院のカイロプラクティックを通じて、その悩みを一緒に解決できるよう頑張っていきましょう。

ライフカイロプラクティック・整骨院は開業して10年目になります。
開業当初は保険治療を中心に施術していましたが、症状の再発で何度も来院される患者様を見て、その治療に限界を感じ始めました。
その時に出逢った治療法がカイロプラクティック療法です。
カイロプラクティック療法とは米国で生まれ120年余りの歴史を持ちます。
人間の身体活動は神経の流れが全てであり、備わっている自己治癒(免疫)力によって健康は保たれています。しかし、身体の不調や病気が起こった場合、それらは脊椎の捻じれによる神経圧迫が原因で起こります。これは脳と神経の伝達障害=サブラクセイションと呼ばれます。
このサブラクセイションを器具もしくは手技にて矯正(アジャスト)することで、神経圧迫は開放され自己治癒力が発揮されます。これは疾患症状を取り除くだけではなく、病気にならない為に健康な身体を作っていく予防療法でもあります。
私も幼いころから重度のアレルギーを持っており、あらゆる治療を試しましたが効果はなく、最後にたどり着いたのがこのカイロプラクティックでした。
定期的治療の結果、全く薬も使用せずアレルギー症状が治っていくのを実感し、私はカイロプラクティックに感銘を受けました。
これにより私自身も健康に対しての考え方が変わりました。本当の健康とは身体の内部から生まれてくるものであり、病気を発症してからではなく、発症する前に予防していくことだと。
薬を使わず脊椎の神経圧迫を開放し、神経の流れを正常にするのはカイロプラクティックしかありません。
現代社会で多くの人が原因不明の疾患で夢や希望を失っている人が増えています。一人でも多くの人が健康の意味を理解し、体感し、自分自身で健康と向き合っていくことが本当に重要となります。
皆様にとって当院カイロプラクティックが、人生の最大の善き出逢いと選択になることでしょう。ご来院をお待ちしております。

PAGE TOP