井上英哲院長が医者と井戸端会議 大阪カンファレンスにて『カイロプラクティックの医学的見解』を発表します。

未踏医科学研究財団 後援  一社日本の医療と福祉を考える会

医者と井戸端会議 ~大阪カンファレンス~

日時:令和元年 9月28日(土)~29日(日)

会場:千里ライフサイエンスセンター サイエンスホール

 

現代医療において年々医療費は破産寸前であり、病名と薬の使用と種類は減るどころか増え続けています。根治が難しいとされる糖尿病や循環器の疾病、癌など…医療を悩ます問題は尽きません。

カイロプラクティックは神経の狭窄と圧迫を取り除き、脳との神経伝達を正常に戻すことで、健康を保つことができます。神経伝達が100%で満ちている身体は自己治癒力により病気を治します。そこには「薬を使用する」という概念は存在しません。

カイロプラクティックの治療を受け、骨格を整えることで二次的に難病といわれる糖尿病、関節リウマチやパーキンソン病が改善している症例もあり、この度開催される『医者と井戸端会議-大阪カンファレンス-』にてカイロプラクティックから視た医学的見解を本院(井上カイロプラクティック・整骨院)の井上英哲院長が、研究内容の発表をさせて頂くこととなりました。

統合医療の発展に向け、各分野の医療スペシャリストが知識を結集し、未来の日本医療について語り合います。

ライフカイロプラクティック整骨院

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
PAGE TOP